2016年02月18日

お詫び

取引先に大変なことをしてしまった!
御近所さんに迷惑をかけてしまった!

そんなとき、菓子折りを持って…という場合には、熨斗は付けません。
「お詫び」
は、却って相手の方を怒らせてしまう場合があります。

では、熨斗の種類は?

水引なしの無地熨斗です。

シンプルな方が、より誠実さを感じさせます。



posted by 一条鴉 at 01:46| Comment(0) | のし 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

余寒お見舞い

立春を過ぎましたら「余寒御見舞」という季節の挨拶があります。

1月8日から節分の立春までが「寒中御見舞」です。
その翌日からが「余寒御見舞」となります。

「立春とはいえ、寒さが残っていますね」という意味合いなので、寒さが続くころまでとなります。

ラベル:季節
posted by 一条鴉 at 01:17| Comment(0) | 季節 のし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

生前の御礼

「身内が亡くなる」
これほど、ショックな事はありません。

けれども、生前にお世話になった方にご挨拶をしなくてはなりません。

例えば

病院の先生や看護婦さん
ホームで介護をして下さったヘルパーさん
などなど、御礼を贈りたい。そんなときは

蝶結びのしに「御礼」です。

身内がなくなったのに「蝶結び」!?
と思われるかもしれません。

お通夜などに来ていただいてのお返しでしたら仏事のしに「志」になりますが、生前、お世話になった方に御礼を渡す場合は蝶結びになるのです。

これからも病院の先生やヘルパーさんには、たくさんの方たちを助けて頂かなくてならないのですから^^

ちょっと、抵抗があるかもしれませんが、蝶結び熨斗になります。
もしくはムリせずに、(あれば)季節熨斗でもいいかもしれませんね。


ラベル:仏事 蝶結び 御礼
posted by 一条鴉 at 02:36| Comment(0) | 御礼 のし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。